ノストラダムスの預言書解読




500年の時を経て 精霊より与えられた預言は これから成就するのであろうか
医者 科学者 超能力者ノストラダムス
 

預言書のなかに  最後の完全解読者が書かれていた それは日本人 池田邦吉氏 だったっ!!
 
五百年前に書かれた 全946篇の預言詩の内 三分の二は現代に生きる私たちに送った警告のメッセージだった



ノストラダムスの預言とは 地球的大天変地異による 現代文明の崩壊であった

プレートテクトニクス理論を熟知していた建築家、 超能力者、世界でただ一人の完全預言書解読者池田邦吉さん
 





1   超能力者ノストラダムス
更新日時:
2009/12/18

 
 ノストラダムスは1503年フランスで生まれたユダヤ人であります。 医者として王室顧問を務め、 当時ヨーロッパ全土で猛威を振るったペストを退治したことでも有名でありました。 しかし彼は医者 科学者である他に預言を行う超能力者でもありました。
夜 一人静かに瞑想していると、 精霊がそばに降り立ちビジョン(カラーの立体映像)を見ることができました。 ノストラダムスはそれを 事細かに記録していき、 全946篇のカラトンと言われる四行詩にして発表しました。
ノストラダムスの預言は良く当たるというので、 当時のベストセラーにもなりました。 しかし同時に身の危険を感じるようにもなりました。
 そこで数カ国語の言語を暗号のようにバラバラにしてより複雑難解にしたのでした。したがってこの預言書を解読できる者は多数の言語に精通し、よほどの知識と能力の持ち主でなければできるものではありません。
 500年を過ぎた今日まで946篇の全預言詩を整合性を持ち統一的に完全解読した者は誰もいなかったのであります。




2   預言書 最期の解読者 池田邦吉さん
更新日時:
2009/12/18

 
 池田さんは 小さい頃から超常現象を体験していたようでした。
 中学生の時、 授業中に二つ隣の教室が透けて見えて、 友達が立たされて怒られているのが見えたので 思わず笑ってしまい、 自分が怒られたとか、 また試験の数日前には 試験問題が映像として見えたそうです。 そのためかは知りませんが、 東京工大建築科を出て一級建築士事務所を開いておりました。
 そんなある日ふと立ち寄った本屋でノストラダムスの預言書解読の本を手にしてみると、その解読が間違っている気がフッと沸いてきて、 これは少し研究してみようと思ったのがキッカケだそうです。
 そしてやがて解読にのめり込み、経営していた会社も整理して、 とうとうフランスのノストラダムス協会から 原書を取り寄せて たくさんの辞書を頼りに、 本格的に解読に着手したのでした。
池田さんの解読の特徴は、 現在 地球物理学の分野では最先端の理論といわれる 「プレートテクトニクス理論」 を解読のバックボーンとしているところにあります。 この理論は簡単に言いますと、 地球内部のマントルの対流がプレートをゆさぶり、 各プレート間にひずみを生じ、 それがプレートの接点で地震、 火山噴火、 洪水の原因などを起こすという そのメカニズムを説明したものです。
 池田さん解読のノストラダムスの預言書では、 まず フィリピンプレートが動き、 そのひずみがしだいに周りのプレートに連動して、 ついにヨーロッパ大崩壊をもたらすと いうものです。
ヨーロッパのほとんどが水面下に没するようです。アメリカ大陸、 そしてアジアもヨーロッパほどではないにしても、 人が住むにはそうとう困難な状態になるようです。
 超能力者ノストラダムスの超難解な預言書は超能力者である池田邦吉さんでしか正しく解読できないように作られていたとも思えます。しかも預言の成就は私達の生きている現代だというのです。
尚 池田邦吉さんとは 故 関英男工学博士の主催します統合科学大学講座(世田谷区)を受講していました時に面識が御座います。池田さんは預言書解読をここで初めて公に発表したのでありました。






3   ノストラダムスの予言する今後の地球
更新日時
2009/12/18

 
 まずフィリピン海プレートが動き、 その連鎖反応が地球規模の地殻大変動を引き起こす 
 
(一) アメリカ西海岸で地殻変動を伴う巨大地震発生
 
 
破壊を請け負わんとするものあり。
無敵の比類なき強国に
三夜にわたり敵対し、不法行為を働く。
最有力者(大統領)がテーブルに手を置き、聖書を読みあげる時。
 
 
 池田さんは他の詩も総合して、 これはアメリカで起こる大地震であると解読している。
異常気象が続き 竜巻 巨大ハリケーンなどの後に大地震が起きる。 
地震はアメリカ大統領の就任式の夜から三日間続き これにより超大国アメリカは衰退していき 二度と歴史に登場しない。 また津波が太平洋沿岸各国に被害をもたらす。
(幸いにも、オバマ新大統領就任式の夜に、地震は起きませんでした。09年1月20日)
       ↓↓
ミシシッピー川の大洪水(2年以上続く)
穀倉地帯の洪水のため 世界規模で食糧危機となる
ヨーロッパ大洪水(2年以上続く)
異常気象の激化 巨大台風 竜巻 地震 森林火災などの多発
     ↓↓
 
(二) ベスビオ火山の大爆発(イタリア)
 
 
1999年七番目の月
天に恐怖の大王が現れる
アンゴルモアの大王を蘇らせるために
その前後 軍神は平和維持活動中なり
 
 
アンゴルモアの大王とは 今後ヨーロッパ全土を襲う地殻変動 そのものを指します。
 しかし1999年はすでに過ぎましたので これから起こるということでしょうか。 軍神とは 国連PKO軍をいいます。
          ↓↓ 
地震による原子力発電所が倒壊し爆発 これにより放射能汚染が広がる
ローマ法王が暗殺される
全世界を寒波が襲う(ベスビオ火山の噴煙による)
 
 
(三) 空中携挙(くうちゅうけいきょ)・・・・・宇宙人による救援
 
 
 池田さんによると、 サントリーニ島(エーゲ海 ギリシャ)の大爆発の前に、 なんと地球外から巨大UFOがやって来て、 最初アジアに来て避難民を救い、それからヨーロッパの人びとを数千万人救出するという。
UFOや空中携挙に関する詩は60篇以上もあるという。
 
 
 私 預言者といたしましては 天とは(堅い殻に包まれた都市)と申します
その中には 光輝く宇宙の知的生命体がいて 星に固定される
あの突然の大爆発音によって大変化が近ずく都市に
それは 決して吉兆ではないが しかし凶兆ということでもない
 
 
(堅い殻に包まれた都市) これはいったいなんのことだろう。 池田さんは解読に行き詰まった。 そこでノストラダムスに聞いてみることにした。
 すると 「二つの かっこ の上と上 下と下を線で結べ 」と波動が帰ってきた。 これはまさにUFOだと判って、 池田さんは飛び上がるほど驚いた、 といっておりました。
これは私たちのおよそ想像を絶する巨大なUFOが地球人を救済にやって来るというのです。 その大きさは、 他の詩を検討して、 なんと なんと およそ直径60キロメートルのホットケーキ型の円形UFOだということです。チョット想像してみて下さい、60キロメートルという大きさを。
サントリーニ島が海底爆発する直前に、 一機はフランスのジュール県上空に、もう一機はサントリーニ島の上空にやってくるという。
もう一つUFOに関しての詩を紹介します。
 
 
 あまりのことに 天は嘆き悲しみ アンドロジンを遣わす
その天の近くで 人間の血が撒き散らされるから 
その死によって 多くの人びとを再生するにはあまりに遅すぎるから
遅まきながら ついに 待ちこがれた救援の手がやってくる
 
 
 アンドロジンとは両性を備えた生き物という意味でもありますが、 池田さんはUFOに乗船している宇宙人が両性具有のはずはないので意味不明とここでは言っておりましたが、 私はこれはそのままで UFOには両性具有者が乗っていると考えます。
 この広い宇宙には両性具有の人間がいるのです(つまり 男性器と女性器が一人の女性の股間にあるのです)。 
オーストラリアのミシェルデマルケという人が、 コンタクトした宇宙人は ティアウーバという星の両性具有者であったそうです
(この銀河系では最高度に進化を遂げた星のひとつ カテゴリィ 九 に属する)
 私はこのティアウーバとは西洋の エホバ ではないだろうかと思います。
 また日本の古くから伝わる観音様は女性と思われていますが、真実は、 両性具有者(ティアウーバ星人)だったのではないかと思います。
 デマルケによると ティアウーバ星人は数万年の昔から、 遅れた惑星 地球の面倒を世界各地でみていたそうです。 2000年前キリストを地球に送ったのもこのティアウーバ星人だそうです。 ティアウーバ星人は誰もが外形は女性で身長は3メートル位の巨人で、 髪の色 目の色は違いますが、誰もが個性的で超美人 だそうです。 霊的に進化すると超能力が出てくるので自分の肉体 体形もあるていど自由に変えることができるそうです。 すでに彼女らには不可能ということは ほとんどないというところまで進化しているようです。
 
 
 二つの偉大なる灯明 はるか彼方からその空洞なるものが近づいてくる
三月 そして四月にそのことが突発する
おお何という愛 まさしく二つの静寂にして平らかなるもの
大地も海もすべての場所に救援の手が
      ↓↓
 
(四) 2月6日生まれの者が解読者に
 
 
1998年初頭までに
2月6日生まれの汝よ
イタリアに自然災害による多数の死亡者があり
その時 ローマ法王に残酷な死があることを知らしめよ
 
 
 他の詩も総合すると ノストラダムスは 2月6日生まれの日本人が本預言書を解読する と預言書の中にある と言っています。 
池田さんは1947年2月6日生まれであります。 
我田引水と言われればそのとうりと思いますが、池田さんの預言書解読の方法は、たくさんの辞書だけを頼りにした数学的暗号解読的手法であります。この方法は、 ある単語をX 、別の単語をYというように置き換えて数学的に連立方程式を解くように解読していく方法です。 ノストラダムスが、霊感と数学的手法でしか解読できないように、仕組んであったものと思います。 
天文学に興味を持ち、 建築家としてプレートテクトニクス理論を熟知していて、 霊感と数学的明晰な頭脳を持ち合わせた2月6日生まれの日本人とは、 池田さんただ一人しかいないのではないでしょうか。 したがって池田さんの預言書解読は正しい解読であるように思います。イタリアではすでにエトナ火山が噴火を初めています 過去の歴史を見ますとエトナ火山の後にベスビオ火山が噴火しています。そして世界地震学会は最近ベスビオ山に地震観測所を設置しました。 なんとも不気味な様相を呈してまいりました昨今であります。
 
 
ヨーロッパの大洪水に続く地震 そしてアンゴルモアの大王の登場               ↓↓
 
(五) サントリーニ島の大爆発(ギリシャ エーゲ海)
 
 サントリーニ島はエーゲ海に浮かぶ三つの島からなる巨大な海底火山。三千数百年の周期で過去に何度も爆発しましたが、今度はとてつもない規模の爆発が起きると言う。火山爆発に伴う地震、 そして高さ200メートルにも達する巨大な津波が発生する。 この津波が何度も起こり、 これによって北アフリカとヨーロッパ全域がほぼ壊滅状態になると言う。そしてさらに大地震が発生して大地殻変動が起こり、ついに ヨーロッパ大陸は海に沈んでいく。
アトランティス文明の名残から発生した現代文明はここで終焉を迎えることになるのです。
        
 
(六) 宇宙船に救助された人々はノヴァテラ星へ
 
 天変地異がまさに起こらん とするその時にノストラダムスが 天と形容している巨大UFOが被災者を救援にやって来る。最初アジアに来ると詩の中にあるので アジアに巨大地震 火山の爆発 そして陸地の沈降などがあるのかも知れない。
 ノストラダムスは預言詩のほとんどをヨーロッパについて記している。アジアについては フィリピンの地震と火山噴火、 中国の大洪水、 日本については昭和天皇とマッカーサー、 二度の原爆投下、 松本サリン事件、 そして次の新文明は日本が中心となると記している。
日本においても空中携挙などでUFOに多くの人が救助されるがその数はわからない。 ただ誰も彼もが救助されるわけではないようです。 予言詩の中には 選ばれた者 と書いてある。 これは精神性の高い人、 そして子供たちのようです。 UFOにはセンサーが付いていて、 そのような人を自動的にUFOに吸い上げるようです(空中携挙)。 これは宇宙人が選ぶのではなく、 地球人自らが精神性を上げたがために救われるということなので、 宇宙の「 不干渉の法則 」に反しないようです。したがって助かりたいのであれば 、今から精神性・霊性を高めておきなさいというノストラダムスの愛のメッセージなのです。ここが予言の最も大切なところだと思います。
救助された数千万人はUFOで「ノヴァテラ」 という名の地球に良く似た星に一時避難するという。 この星がどこにあるのかは判らない。
大地殻変動により大陸の沈降や隆起もあるかもしれない。 生き延びたとしても相当過酷な状態になるでしょう。ノストラダムスは大変動後の新しい地球についても幾つかの預言詩に記している。
 やがて地上が落ち着き、人が住めるようになってから、UFOで地球に返されるようである。
おそらくノヴァテラ星でも教育もあり、優良な人々がほとんどとなることでしょう。
そして地球は、新しい人類がまったく新しい文明を切り開いていくようであります。ここにおおいなる希望があります。
 
細かく砕けた壁は、レンガからやがて大理石へ。 
57年間の平和。
人類に喜びあり、水路が修理されてゆく。
健康、 豊かな果実、喜びの甘味な世界。(池田邦吉さん解読)



 
4 洗心に努力している人は救われる
 
 
 
 古今東西 多くの民族の歴史の中に予言者と言われる人が確かにチラホラと登場しております。 この予言とは いったい どのような仕組みになっているのでしょうか。
この宇宙が始まった時から今日までのあらゆる情報が波動として多次元世界に記録されているようです。これはアカシックレコードと呼ばれています 
そしてこの宇宙は 幾多の宇宙法則により完璧に成り立っておりますので 原因と結果の法則などにより 未来は過去と現在の結果として あるていどすでに決まってしまっているのです。
そしてこの未来の姿もアカシックレコードに波動として出来上がっているのです。これは私たち個人でも国でも 地球でも同じであります。ですから超能力を有する者によって アカシックレコードにアクセスすることが出来れば 個人でも地球のことでも未来が見えるのです。これが予言の一つの方法であります。
もう一つの方法は多次元世界の住人(高級霊人)が地球人に憑依して 映像や霊言や自動書記などによりアカシックレコードの内容を教えてくれる というものです
。私たちは現代科学教育というものに ある意味で洗脳を受けていて まだ未知で未開発の部分の右脳による超能力の存在を教えられていません。
太古の昔(ムーやアトランチス時代)には持っていた超能力を失った、 低能力人間になっているのです。
まず この認識がとても大切なのですが 情報を隠蔽されていて 宇宙の中での地球人のレベルを知らされていないのです。
超能力を獲得することが人類の次の進化目標であります。これが正しい進化のプロセスであります。
それでは超能力を獲得するにはどのようにしたら良いでしょうか。
それは 精神性を高め エゴを出来るだけ捨てて利他愛に生き 洗心することでしょう。これが第一です。
 次に宇宙エネルギーライフを実践することも大切です。ほとんどの地球人がそうであるように、金銭 地位 名誉 財産を追い求める、 利己主義に固まったレベルの低い精神性ではなかなか超能力は獲得できないでしょう。ノストラダムスの預言書には、 選ばれし者のみが救われる、 とあります。
やはりこの宇宙においては、正しい生き方に努力している人が生かされるのでありましょう、そして大変動により死んでいった人たちは、 その精神性に合った星に自動転生するようです。つまり地球か、それ以下の、 苦難や犯罪が日常的にある世界です。
宇宙は永遠に続く生命のための進化のシステムだからです、進化しなければ 警告を与えられるのです。病気や自然災害や事故などの不幸として。
ノストラダムスはこれから起こる大天変地異について預言をして私たちに警告しています。
ところで世界にその名を知られた有名な預言は、エドガーケイシー、 ディーンディクソン、聖母マリアの預言、出口王仁三郎、古くは、ピラミッドの預言、聖書の預言などまだまだたくさんありますが、そのほとんどが同じように、地球の大変動を預言しております。
先にも述べましたが、自然災害と同じく、 この大変動も根本原因は人間にあります。
もし地球人類が利他愛に生き、平等平和な社会を築いていたなら、 大変動 大破局はけして起こらないでしょう。
このように考えますと、これから起こる地球大変動は、不良な人類のさらなる進化の為に起こるのですから いたしかたのないことであり、宇宙的にみると、悪いことではないとと言えるのでしょう。
自分を救うには、洗心に努めることではないかと思います。(完)



トップページに戻る