宇宙人からのメッセージ



 

 現代科学に象徴されるように、現代社会は、明らかな間違いが正しいことのように通用してしまっています。そして、人々は間違った価値観に縛られて生活しています。
 宇宙という大きなレベルから見れば、それは罪であり過ちなのです。そのために宇宙から病気や事故や自然災害などとしてメッセージをうけることになるのです。
 正しく生きるためには、何が正しいのかを知らなければならないでしょう。何が正しいのかを教えてくれるのは、残念ながら現代社会では親でも教師でも政治家でも科学者でもありません。
 確かな宇宙情報、確かな高次元情報とアクセスできる人だけです。(関 英男博士の著書より)




 以下に記載しましたメッセージは、 私がたいへん尊敬しています 故 深野一幸工学博士の著書などより抜粋いたしました。博士は宇宙と人間の実相を知らせ、 地球の平和実現のためにたいへん尽力されました。若くして亡くなられたことは非常に残念であります。



 1    人間の真の構造に関して
更新日時:
2009/12/18
 
 
 地球で皆さんに何が起ころうと 皆さんは生き続けます。肉体の死は これまで信じられてきたのとは違って 生の終わりではありません。神は全ての人に永遠の命を与えたのです 肉体的に死ぬという事は 皆さんが来た本当の世界へ帰ることにすぎません。《テオドールから地球へより》
 
 霊である皆さんが本当の皆さんです 皆さんは肉体だけでできているのではありません 魂とは霊を入れる器です 霊が本質であり 皆さんの中の神の部分です 霊は魂の中にあります 霊は魂の中に入っているのです 魂は霊のかたまりです 肉体は魂をもち 魂は霊としての皆さんを支えているのです 魂を通じて みなさんは再三再四肉体に戻るのです。《テオドールから地球へ より》
 
 
私たちは生命の本質を理解しています 死というものは存在しないのです 生命は全て永遠なのですから 地球人は死を恐れますが 死とは霊魂が大きな進化をする喜ぶべき機会なのです。《宇宙交信機は語る より》
 
 
死は地球と同様に他の惑星群にもありますが 私達はそれを死とはいわないし また地球人のように死者を悲しむこともありません 私達はこの離別が一つの状態または場所から別な状態または場所への変化を意味するにすぎないことを知っています。《アダムスキー全集 より》
 
 
胎児期は各惑星とも同じです しかし金星の幼年期は2年です そこでは青年期と成人期の区別はありません 老年期もありません 彼らはいつまでも若さを保つのです 金星での年齢は地球式に換算して300歳から1000歳に及びます。《アダムスキー全集 より》
 



 2    地球人の精神性に関して
更新日時:
2009/12/18
 
 私たちは偉大な力(超能力)を持っていますが、神の教えに従って生活していますから、他を攻撃、破壊するようなことはしません。地球人の態度はその逆です。なるほど、地球には教会もたくさんありますし、いかにも神を尊敬しているように見えます。しかし、その尊敬は言葉の上だけで、行為が伴いません。《宇宙交信機は語る より》
 
 
太陽系では地球が最も未開な(波動の低い)状態にあるのですが、宇宙全体からいえば地球以上に進化した遊星もあると同時に、地球以下の遊星もあります。《宇宙交信機は語るより》
 
 
 地球人は宇宙の本質をぜんぜん理解していない それは捨て去るべき信念や伝統に縛られているためである そしてその代わりに 霊的 精神的な自由を打ちたてなくてはならない《宇宙からの警告 より》
 
 
 私たちはあなた方地球人のような階級の区別はありません 私たちはみな平等で どんな仕事をしているかにに関係なく 誰もおなじように尊敬されているのです 私たちの才能や能力は人によってさまざまです ですから当人の霊的な成長に応じて 仕事を選んでいるのです。《宇宙からの警告より》
続く

 3    これから予想される地球規模の変動に関して
更新日時:
2009/12/18
 
 地球はそれ自身 小、中学校へと通っているようなものです。そして、これを卒業して高等学校(高い遊星)へ行く所にさしかかっているのです。この期にのぞんで準備をしていない者は落第するでしょう。そして、その人達は将来の高等学校の入学試験準備のために、他の小、中学校に行くのです。なぜならば、もはやこの新しい地球では、小、中学校のことは教えないからです。新しい天と新しい地球となるのです。
《宇宙人は呼ぶ より》 
             
 
 
 大周期が近づき、地球だけでなく私達太陽系の遊星もともに、新たな段階に入ろうとしているのです。あらゆるものが清められねばなりません。全然望みのないものはみずから滅び去ることでしょう。《宇宙語 宇宙人 より》
 
 
 世界が新たな密度へと転換するときには必ず、地殻の大変動を経験します。地殻の激変のすさまじさは、その惑星が経験しようとしている転換の速度によって異なります。あなた方の世界は、極めて早い速度で転換しつつあります。あなた方がこれから経験しようとしている地球の危機は全て、ノストラダムスやエドガーケイシーなどの予言者によって予言されてきたことです。つまり、地軸の移動、火山の噴火、地震、洪水、旱魃、疫病、難病、飢饉です。《テオドールから地球へ より》
 
 
 あなた方は呪わしい天変地異やその他の危機に出くわすでしょうが、あなた方に覚えていてほしいのは、そうした不幸な出来事は、あなた方が新時代、新世界へ向けて高次元の人間性を獲得するまでの過程に必ず生じるものだということです。新たな価値や構造が創られるためには既存のものは完全に取り壊さなければなりません。《テオドールから地球へ より》
 
 
 大洪水は周期的なもので避けられないものなのです。地球が新しい周波数へと入って行っていることは本当です。誕生の法則を通じてのみ、それは大変動を蒙るよう運命づけられているのです。《宇宙人は呼ぶ より》
 
 
 地球上のいかなる人間も逆らうことのできない大変動、大気圏の変調が起こるでしょう。私たちはこれらの人々を高次の段階に(不安が静まるまで)できるだけひろい上げて連れていきましょう。他の人たちは残しておきましょう。《宇宙人は呼ぶ より》
 
 
 新しい秩序の世界では、日々は今と異なって計算され貨幣組織はなくなるでしょう。遊星間旅行は、地方に旅行するごとく容易になるでしょう。旅行ばかりでなく、すべてのものが新しく生まれ変わります。《宇宙人は呼ぶ より》
  続く
 


 4    中丸 薫(国際問題研究所理事長)さんが受けたメセージ
更新日時:
2009/12/18
 
 
 今回あなたにどうしてもお知らせしなければならないことがあります 日本だけでなくて 地球上全体が これからものすごく大変な時代に入っていきますから 覚悟していてください これは本当の心の浄化であり 地球の浄化であり 宇宙人としても防ぎ切れないいろいろなものがありますから 気をつけてください ただ 人間復興を志して信念を持ってやっていく限り 私達はいつも支えていきますから 心配しないように とても残念だけれども これから それがどんどん加速されていくことをお伝えしに来ました。 
 
 このメッセージは 中丸 薫さんの最新の著書(泥棒国家日本と闇の権力構造)の中からの抜粋です また茨城県鹿島での中丸薫講演会(H17.11月12日)でも言っておりました 相手の宇宙人はクエンティンさんという宇宙連合の地球担当者で年齢は3万5千歳だそうです メッセージを受けた日は 2005年8月24日のことであります。
トップページに戻る